ウールブレスは『防露認定』を
省エネルギー対策等級で取得しました

フラット35や長期優良住宅等の申請を行うにあたって防露認定取得済のウールブレスV-100ロールは防湿シートが不要なのでコストダウンが可能

フラット35や長期優良住宅等の申請を行うにあたり、通常、繊維系断熱材の場合は断熱材と防湿シートの両方を設置しなくてはなりません。防露認定を取得しているウールブレスは防湿シートを設置しなくて良い為、その分コストダウンする事ができます。

ウールブレスは防露認定を取得しています

平成20年3月、ウールブレスは、特別評価方法認定書、断熱材の室内側に防湿層を設けない構造方法(いわゆる防露認定)を省エネルギー対策等級で取得いたしました。
V−100ロール


※防露認定仕様でない場合は、下記の定常計算にて対応いたします。
ウールは内部結露とも無縁 >>

内部結露計算(定常計算)による防露対策

内部結露計算(定常計算)とは

改正省エネルギー基準における防湿層の設置を省略できる要件、内部結露計算(定常計算)は、結露の発生の防止に有効な措置が講じられていることを確かめる計算方法です。

この計算方法により、防湿層(防湿シート)の施工を省略できます。
 ※地域・仕様によっては、省略できない場合があります。

ウールブレスの透湿性能 (財団法人建材試験センターの試験による)

材料 透湿率
【ng/(m・s・Pa)】
透湿比抵抗
【m・s・Pa/ng】
透湿抵抗
【u・s・Pa/ng】
V-100ロール 116 0.00862 0.000862
R-110 134 0.00746 0.000746

お問い合わせ・資料請求はこちら(TEL:0743-59-0569)

このページのトップへ戻る >>

トップページへ戻る >>