ウールブレスは長期優良住宅の
次世代省エネ基準 等級4に対応しています

次世代省エネ基準とは・・・
住宅の省エネルギー性を高めるために、断熱性や気密性に関する基準を定めたものです。

次世代省エネ基準に対応した住宅のメリット

家の中のどこでも温度差が小さく快適・冷暖房の使用頻度を大幅に抑える省エネ・優れた耐久性・健康的な室内環境

平成25年 省エネルギー基準の概要

平成25年10月1日に省エネルギー基準が改正されました。

改正前
(平成11年基準)
改正前
(平成25年基準)
性能基準
(計算ルート)
外皮 Q値(熱損失係数)
μ値(夏期日射取得率)
UA値(外皮平均熱寛流率)(注1)
ηA値(冷房期の平均日射取得率)
UA値、ηA値、簡略計算法
(部位別仕様表)(注2)
設備 一次エネルギー消費量
仕様基準(注3)
外皮 部位毎に仕様を設定
[天井:熱寛流率または熱抵抗値
壁等:熱寛流率または熱抵抗値
開口部:熱寛流率(建物形状によらず一律)]
部位毎に仕様を設定
[天井:熱寛流率または熱抵抗値
壁等:熱寛流率または熱抵抗値
開口部:熱寛流率(開口部比率に応じた基準値)(注4)
設備 部位毎に仕様を設定
[標準的な設備
またはこれと同等以上の設備]

注1 従来の床面積当たりの熱損失量から、外皮表面積当たりの熱損失量(換気による熱損失量を除く)へ変更。

注2 部位別仕様表は、低炭素建築物認定基準にも適用。

注3 仕様基準は、当分の間適用可能で低炭素建築物認定基準には適用できません。

注4 開口部比率の大きい住宅では開口部の仕様を従来より強化等。

外皮平均熱寛流率UA値による基準 冷房期の平均日射熱取得率nA値による基準

平成25年 省エネルギー基準における地域区分

住宅の省エネ基準ではローマ数字でIからVI地域までの区分をしていましたが、平成25年基準から1〜8地域の区分に変わりました。

地域区分 都道府県名
1.2 北海道
3 青森県、岩手県、秋田県
4 宮城県、山形県、福島県、栃木県、新潟県、長野県
5.6 茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、富山県、石川県、福井県、山梨県
岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県
佐賀県、長崎県、熊本県、大分県
7 宮崎県、鹿児島県
8 沖縄県

※上記の表の他に市町村の区分が認定されており、市町村区分が優先されます。

平成25年省エネ基準

地域区分 1 2 3 4 5 6 7 8
外皮平均熱寛流率(UA値)の基準値[W/(u・K)] 0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87 -
冷房期の平均日射熱取得率(ηA値)の基準値 - - - - 3.0 2.8 2.7 3.2

全国地域図

このページのトップへ戻る >>

トップページへ戻る >>