トピックス


「ウールブレスを通じて再生可能エネルギーの未来を考える」

2012/06/08



夏の電力需給が大きな焦点となっています。
そしてこの電力需給の問題はこの夏を乗り切れば解決するものではありません。
今後、日本はどのようなエネルギー社会を構築していくのでしょうか。


現在、エネルギーをめぐる情勢が大きく変化する中、「風力、水力、太陽光、バイオマス」などの自然エネルギーを中心とする再生可能エネルギー導入拡大の重要性がますます高まってきています。しかしながら、これらの自然エネルギーが近い将来日本のエネルギー供給の主軸となるかというと―、
開発コストや安全性の問題からまだまだ社会的合意が得られていないのが現状です。



≪ウールブレスは優れた断熱効果により、大幅な節電とCO2削減を実現する断熱材です≫

ウールブレスの原料は羊毛です。
現在オーストラリア、ニュージーランドには2億頭の羊が生息しているといわれており、羊毛は枯渇することのない循環型の再生可能な資源です。
また、ウールブレスを使用することで冷暖房費とCO2の削減が可能となります。
※詳しくはこちらの表をご覧ください。



私たちアイティエヌグループは、常に長期的な展望をもって環境とエネルギーの未来を考える企業でありたいと考えています。


★『ウールブレスの全てがわかるDVD』を無料で送付しております★
ご依頼はホームページのお問い合わせフォームで承っております。


一覧に戻る

お問い合わせ・資料請求はこちら(TEL:0743-59-0569)

このページのトップへ戻る >>

トップページへ戻る >>